深まる秋に

A&P LE JOURNAL NOVEMBRE 2021

本日ご紹介するのは、チュベローズです。

あなたの暮らしに喜びをと願いながら、今日も最高の精油探しを続けています。秋が深まりつつある今、あなたにご紹介したいのが、チュベローズの精油です。この香りを吸い込めば、あなたは植物の世界に魅了されるはず。

南インドを訪ねた時に、私はこの植物の生産地を訪れました。白くデリケートな花は、実に魅力的な香りを発散します。馥郁とした深く強い香り。この花は恋人たちの花。アローム&パルファン・パリのチュベローズ・アブソリュートは、もちろん100%天然のチュベローズの花から採油されています。

 

 

TUBEREUSE(チュベローズ)

Polianthes tuberosa

 

 

科名 : リョウゼツラン科
採油部分 : 花
収穫時期 : 7891011

 

100%純粋で天然のチューベローズ・アブソリュートが採油されるのは、Polianthes tuberosa から

ジャスミンと同じく、インド南部の広範囲で栽培が行われています。まっすぐと伸びた茎の天辺に、白く、星型になった花を咲かせます。

この花から生まれる香りが、天然香料の中で最も魅惑的な香りの一つです。愛し合う二人、愛人、新婚夫婦を象徴する花であり、そこからたなびく香りは深淵で強烈。酸素窒素硫黄が組み込まれた芳香分子が含まれています。

伝えられるところによると、最初にヨーロッパにやってきたチュベローズの球根は、メキシコから届いたとか。1530年にフランスの宣教師によってフランスに輸入され、トゥーロン近くの修道院の庭で密やかに育てられていました。その後、チュベローズは南仏プロヴァンスに広がります。その地域ではその頃に作られた標本を見つけることができます。

今日、チュベローズは、好ましい気候である南インドにおいて、広く栽培されています。

 

採油方法:溶剤抽出法

外観 :オレンジ~茶色の粘性の高い液体

主成分:β-シトステロール、スチグマステロール、アンスラニル酸メチル、ベンジルベンゾアート

使用方法:フレグランス類、化粧品類、アロマテラピー

 

Jean-Claude DEYME